ウォーターサーバーの魅力や使い方、おすすめ商品などを分かりやすく解説しています。

地下水と殺菌方法について

日本のナチュラルミネラルウォ―ターの原水は、全て地下水を使用しています。

基本的には、地球上に存在する水の中で、最も飲み水にふさわしいのが、地下水と言えましょう。

なぜなら雨水が、大地によって、ろ過されてきた水だからそう言えるのです。

雨水は、地層という天然のフィルターによって、不純物を取り除かれ、代わりに地層の中の様々なミネラル分を受け取って、生命を育むのに適した水に生まれ変わるのです。

これが、ナチュラルミネラルウォーターの原水である地下水なのです。

地下水は、地層の浅いとろにある「自由面地下水」と深い所にあって、圧力を帯びている水「被圧地下水」があります。

基本的には、深い所の方が、溶け込んでいるミネラルの量が多く、また外的世界から隔離されているため、安全性が高いと考えられています。

こうした地下水は、ヨーロッパと違って日本は、殺菌、または除菌が義務づけられています。

ミネラルウォーター類は、その殺菌方法によって、4つに分類されるのです。

■無殺菌ミネラルウォーター

加熱処理を始めとする、いかなる殺菌処理も、フィルターによる除菌処理もしないで、地下の水源からくみ上げた、そのままを空気に触れることなくボトリングしているものです。ある意味では一切の処理がなされていないので、真の意味で、「天然水」かもしれません。ヨーロッパのナチュラルミネラルウォーターがこれに該当します。

日本では存在しません。

■フィルター除菌ミネラルウォーター

加熱などによる殺菌処理はしていませんが、セラミックや中空糸膜などの、ろ過フィルターを用いて、除菌処理をしたものです。

有害な雑菌を取り除くのは、もちろん非加熱であるため、水に含まれるミネラルが減少し水のおいしさの要素である、酸素や炭酸ガスが失われることがなく、自然に近いおいしさを味わえます。

しかし雑菌と同時に、人体に有益な生菌も除去されてしまうことになります。

■非加熱殺菌ミネラルウォーター

加熱殺菌でもなく、フィルター殺菌でもなく、オゾン殺菌や紫外線殺菌といった、殺菌処理をしたものです。

日本のメーカーではあまり使用しておりませんが、アメリカではこれらの殺菌方法が一般的となっています。

非加熱だけに、水のおいしさは保てますが、その安全性を疑問視する向きもあります。

日本では、この殺菌をした水は、ナチュラルウォーターとは認められていません。

■加熱殺菌ミネラルウォーター

日本の食品衛生法にあります「85度で30分加熱するか、それと同等の熱量を加えたもの」という定めに従って殺菌したものです。

日本で市販されている商品の多くが、この方法を採用しています。

ただし実際の処理の仕方は、各メーカーによってまちまちです。

安全面では、最も確実な方法ですが、微量ですが、水の中の酸素や炭酸ガスが失われ、、ミネラル分が減少、変質する可能性もあります。

 

あくまで衛生という面から言えば、ミネラルウォーターの殺菌処理を否定することは出来ません。

飲んでおいしく、健康維持に役に立つという点を考えれば、製造工程でのミネラルウォーターの処理は、なるべく少ない方が望ましいと言える様です。

関連記事