ウォーターサーバーの魅力や使い方、おすすめ商品などを分かりやすく解説しています。

あらゆる病気に効能を発揮するミネラルウォーター

「人間の命の源点は水であることを忘れるな」鎌倉時代の高僧、道源和尚の言葉です。

人間にとって水は、喉の渇きを潤すだけでなく、体の隅々まで栄養や酸素を運び、不要なものを体外に排出し、体をリセットさせる働きをする貴重なものです。

しかしわれわれは、健康つくりと言いますと、直ぐ栄養食を吸収する事ばかり気にしますが、いらなくなった老廃物をしっかり排出することも、考えなくてはなりません。

それが体を上手にリセットし、新しい体に蘇えらせる第一歩なのです。

水はそんな重要な役割があるのです。

したがって水と上手に付き合えば、健康維持につながることは確かです。

そんな水の中でも、多くの貴重な栄養分を含んだ、ミネラルウォーターは、あらゆる病気に効能があることが証明されています。

冷え症、肩こり、お通じを始めとして、動脈硬化、高血圧、心筋梗塞、がん、脳こうそく、糖尿病の予防等、その効能は多岐に渡っています。

そこで、毎日飲み続けることで、健康維持だけでなく、心も体もリフレッシュできます。ウォーターサーバーは、こういう面でも大いに役に立っています。

■血管を柔らかくする水で動脈硬化を予防

恐ろしい病気「動脈硬化」は、血管が硬くなり、血管の中にコレステロールが溜まり、血管が詰まってしまうことで起こる病気です。

動脈硬化を予防する場合、まず第一にすることは、血液の粘度を薄めることです。

そのためにも、こまめに水分補給して、体に十分な水分を補うことです。

さらには、血液中のコレステロールや、中性脂肪を分解することが良いので、カルシウムとマグネシウムを含んだ、硬水のミネラルウォーターを飲むことが大事です。

この際、注意したいのは、カルシウムの過度な摂取です。

カルシウムとマグネシウムのバランスが大切です。

■終寝前後の水を実践 脳梗塞を防ごう

脳の血管に異常をきたす代表的な疾患は、脳出血、くも膜下出血,脳梗塞の3つです。

その中でも、脳の血管が詰まって血液が流れなくなる「脳梗塞」は死に至る確率も高く、危険な疾患です。

脳梗塞の予防法として、一番効果的なのは、寝る前と起きた後のコップ1杯の水なのです。その水は、アルカリ性の硬水で、カルシウムが豊富という条件が付きます。

体質や生活習慣によって違いますが、脳梗塞は、真夏のゴルフやサウナ、朝起きた時など水を飲まずに、多量に汗をかく状態で,発作が起こることが多いようです。

そのような状況になる前に、必ず水を飲むことをお勧めします。

■高血圧を予防するミネラルウォーター

高血圧の最高血圧が高い場合、その原因は、塩分の摂りすぎで、細胞がナトリウムを排出しようとして、体内に循環する血液が増えているためです。

この症状を改善するために効果的なのが、カルシウムです。

カルシウムは、ナトリウムの排泄を促進させる働きがあります。

また最低血圧が高い場合は、アルカリ性の硬水を飲んで、酸性に引き寄せられている細胞をアルカリ性に引き戻し、カルシウムを補強して、細胞が正常に働くようにしましょう。

関連記事