ウォーターサーバーの魅力や使い方、おすすめ商品などを分かりやすく解説しています。

暮らしとウォーターサーバー

ウォーターサーバーの”おいしい健康な水“天燃水・ナチュラルミネラルウォーターは、今や家庭内に定着し、なくてはならない存在となりつつあります。

1年を通して赤ちゃんのミルク作りから始まり、子どもたちは汗をかいて遊んだ後の一杯、奥さんは、アフタヌーンティでの一杯、女性たちは化粧やダイエットでの一杯、旦那様は、お酒の後に一杯、お爺ちゃんお婆ちゃんは老化防止の一杯、それぞれ年齢に合わせた用途で使われているのでしょう。

健康でおいしい水のナチュラルミネラルウォ―ターの多様性は、ますます広がるばかりです。

多機能性が特徴のウォーターサーバーは、これからも進化し続けていくことでしょう。

■ウォーターサーバーの天燃水は朝の一杯から始まる。

朝は、1日の内でも身体が最も水を求めている時です。

人間は睡眠中、特に暑さを感じてない時でも、コップ1杯程度の汗をかくと言われています。

さらに目が覚めると、尿として水分を排出しますから、朝一番は、体が乾しきって、まるで乾燥したスポンジのようなものです。

体が脱水状態になっていると言うことは、血液の水分の割合が減って、粘性が増して、ドロドロになっていると言うことです。

したがって朝は、血液の流れが悪いため、臓器の活動も鈍く、頭もぼんやりしています。ですから朝にナチョラルミネラルウォ―ターを飲む、と言うことは、血液をサラサラにして血流を正常にし、体をリフレッシュしてくれるのです。

■ウォーターサーバーの天然水を朝昼晩食事の時に飲む

1日3回の食事の時、きちんと水を飲んでいますか。

それ以前に言えることは、朝ご飯を食べず、お昼を間食だけで済ましている人も大勢います。

人間は規則正しい生活をしていないと、少しずつ体内のリズムが狂ってきます。

とりわけ食事が不規則になると、消化吸収のリズムが狂って、それが肥満、痩せすぎの原因になる可能性があります。

1日3回の食事を摂ることは健康上大切な事なのです。

その3回の食事と共に、水を飲むことも大事なのです。

それは食事に含まれている、ビタミンやミネラルなど、水に溶けた状態で体内に吸収されるわけですから、水を飲むことで、食物の消化はスムーズになり、吸収しやすくなるのです。

そして水には分泌された胃酸を薄めて、胃もたれを防ぎ、塩分の摂りすぎを防いだりします。

■入浴しながら飲もう

毎日のバスタイムも、ミネラルウォーターを飲むのは、ベストなタイミングです。

お風呂に入ると、体温調節のため汗をかくのは勿論のこと、血管が広がって新陳代謝が高まるため、体の水分がどんどん外に出て行ってしまうからです。

よく聞く言葉に「風呂上がりのビールはうまい」と言いますが、それが実感として感じることでしょう。

お風呂では、肌の角質層が水分を吸ってふやけるため、見た目には身体が吸収しているように見えます。

しかし実態は、水分は出て行く一方ですから、長時間入っていると脱水症状が進行し、血液も粘性を帯びてきます。

そこでミネラルウォーターを飲みますと、汗と一緒に失われたミネラルを補給してくれると言う訳です。

これは体調維持のうえでも大切な事なのです。

関連記事