ウォーターサーバーの魅力や使い方、おすすめ商品などを分かりやすく解説しています。

ダイエットに効くミネラルウォーター(1)

ウォーターサーバーを導入する動機の一つとして、「ダイエット出来るから」というのもありました。

そうです。ミネラルウォーターは、ダイエットに効くミネラルの成分のカルシウムとマグネウムを含んでいるのです。

しかしどちらもバランス良くとることが、ダイエットのポイントとなります。

カルシウムやマグネシウムは、どちらかが欠けてしまうと、痙攣やしびれを起こすこともあります。

理想の比率は、カルシウム2・マグネシウム1の割合で採ると、ダイエットの効果が出ます。肥満は、体内に脂肪などの老廃物が蓄積され、代謝の悪さが、大きな原因となっているのです。

ハードな食事制限や運動する前に、水を飲んで体質改善することから始めましょう。

肥満になる原因として、第一に新陳代謝の悪さが挙げられます。

代謝が悪くなると、老廃物がたまり、循環が悪くなって、便秘や脂肪が蓄積され、肥満につながります。

■ヨーロッパでは、ミネラルウォーターを使ったダイエットが盛ん

ヨーロッパ、とくにフランスでは、ミネラルウォーターを利用したダイエットが広く行われています。フランスのコントレックスにある「テリマリズム・センター」では、”フォルフェ・リー二ュ”と呼ばれているミネラルウォーターによるダイエットが盛んに行われているようです。このコントレックスの水の特徴は、硬度が1555という超硬水であることです。日本のミネラルウォーターの硬度の平均が70前後ですからこの水に含まれるミネラルは日本の水の数十倍にもなります。そしてこの水は、日本の水では見られないサルフェーと言う物質が1L当たり1187㎎も含まれているのです。このサルフェートには高い利尿効果があり、血液中の老廃物を排出させ、新陳代謝を高める働きがあるのです。

■ダイエットには水を飲むタイミングが必要

ダイエットで重要なことは、水を飲むタイミングです。

ダイエットに効くからと言って、がぶがぶ水を飲んだのでは逆効果になりますので注意が肝心です。

硬水には、食欲を抑える効果がありますので、食事前にコップ1杯飲めば、食べ過ぎを防ぐことができます。

またカルシウムとマグネシウムは、ダイエット時には不足しがちになりますので、なるべく多く摂取することが大切です。

これが不足すると、せっかくダイエットが成功しても、リバウンドする危険性が高くなります。

そして水分を取ったらその分を出す、つまりトイレに行く回数を増やすことが重要です。

■アルカリ性ウォーターで、体質改善を

肥満のもう一つの要因は、食生活にあります。

ご飯やパンなどの炭水化物、肉や魚卵、チーズなどの乳製品が好きな人は多いでしょう。しかし、これらの食品は、酸性食品に分類され、多く摂取し過ぎると、体の代謝が悪くなって疲れやすくなります。

そこで大切なのは、体をアルカリ性にすることです。

アルカリ性食品は、野菜、果物、キノコ類を、バランスよく摂取するとともに、アルカリ性の水もたっぷり摂取すると、代謝が良くなりますので、ダイエットに効果的です。

関連記事