ウォーターサーバーの魅力や使い方、おすすめ商品などを分かりやすく解説しています。

ウォーターサーバー天然水の活用術コーヒー

79ec017077dd34463d7b3b1195f35362_s

「ウォ-ターサーバーの天然水で炊いたご飯がおいしい」「お茶、コーヒーの味が変わった」など最近よく聞く言葉です。

世界中の料理の中でも、日本料理ほど水が重要な役割を果たすものはありません。

昔から、料理・飲料には欠かすことのできない深い関係が水にはあるのです。

ウォ-ターサーバー導入の大きなメリットの一つが、料理や、コーヒー、お茶がおいしく飲める天然水であることです。

日本料理は、塩素たっぷりな水道水や有機物に汚染されたマンションの浄化槽の水では、本当の味わいを生かすことは出来ません。

またこうした水道水に含まれている化学物質は、米や野菜に含まれているビタミンまで破壊してしまいます。

日本料理は、美しく、おいしい水が生み出した日本独特の文化なのです。

料理にミネラルウォーターを使うことは、日本料理にとって大切なことですが、水の使い方を間違わないようにしなければなりません。軟水と、硬水の違いのことです。

■本格派水出しコーヒーに天然水ミネラルウォーターを

コーヒーの淹れ方の好みは、人によってそれぞれ違います。

コーヒー通の人に聞いても「サイフォンがいい」「ネルドリップが良い」と意見は異なるのが一般的と言えましょう。

ただ唯一共通しているのは、「アイスコーヒーにするなら水出しが良い」ということではないでしょうか。

19世紀旧オランダ領のインドネシアで誕生したことから「ダッチコーヒー」とも呼ばれる水出しの技術は、熱湯の代わりに、常温の水滴を使い時間をかけて抽出する事から、コーヒーの渋みの原因であるコーヒー豆の中の脂肪分がほとんど溶解せず、また酸化しにくいため濁りが出ないことが最大の長所とされています。

■コーヒーの水は軟水のミネラルウォーターがベスト

本格派の水出しコーヒーを入れるのに、最も大切なのは、豆です。

種類は、酸味よりも苦みの強いマンダリン等が適していますが、それより大事なのは、ローストの度合いです。やはりフレンチローストや、イタリアンローストといったものが向いているでしょう。

そして挽き方も細かくないと、抽出されません。

そして肝心の水ですが、これは軟水のミネラルウォーターが一番良いでしょう。

水道水や、癖の強い硬水を使うと、コーヒー豆の繊細な香りが死んでしまうからです。

こうした良い水で抽出することで、コーヒー本来の甘み、深い味わいが引き出せるのです。

■コーヒーは、50~100の軟水を

コーヒーの魅力である豆の苦みと香りを、充分に引き出すには、50~100の軟水が最適と言えるでしょう。

浅く煎じた豆であれば、柔らかな水を使いましょう。硬水では水の個性が全面に出てしまい、その香りが損なわれます。

またインスタントコーヒーを使う場合は、水にさほどこだわる必要はありませんが、ドリップでコーヒーを抽出する場合は、軟水を、コーヒーメーカーであれば中硬水を沸騰させて使うといいでしょう。

またエスプレッソの場合は、硬水でなければコクが出てきませんので注意しましょう。

関連記事