ウォーターサーバーの魅力や使い方、おすすめ商品などを分かりやすく解説しています。

人気のウォーターサーバー

ede008add6988f17d4407db91ea3d327_s

現在のウォーターサーバーは、その多機能性で、深く家庭内に浸透しています。

それだけに、サーバーのコンペジター同士の競争は熾烈を極め、どう付加価値をつけて他社との差別化を図っていくのかが、サバイバル戦争に勝ち残れる要素となっています。

サーバー機器の機能性を重視するのか、デザインで勝負するのか、価格で勝負するのか、各社の戦略はそれぞれ個性を打ち出し、独自の展開で模索しているようです。

そうした中でも一番重要なことは、消費者が安心して飲める水なのか、安全な水なのか、メンテナンスは大丈夫なのか、肝心なことを忘れてはならないでしょう。

機能的にも、諸費者ニーズに合わせて、さらに多機能化され、エンドユーザーのの求めるものは何か、今後もサーバーは進化を続けるでしょう。

■非加熱処理(フィルターろ過)を採用しているクリティア

富士箱根伊豆国立公園で採水され、現地でボトリングされた天然水を使用しています。

徹底しておいしさに拘っており、あえて手間ひまのかかる、非加熱処理(フィルターろ過)を採用して注目されているのが「クリティア」です。

スリムサーバーのサーバーレンタル代は、無料となっていますが、レンタル代は、セルフメンテナンスのみ無料となっています。

これは、外部空気が入りにくい構造のため、空気と一緒に入る雑菌の汚染を最小限に抑えているためです。

配送料は基本的には無料となっています。

北海道は、ボトル2本当たり600円となっています。

ボトル500ml当たりの価格は、12Lで、1750円、スリムサーバー初回手数料2000円、シルキーゴールド色のみ、デザイン料1000円となっています。

■天円錐の水源

「富士山のお水」

自然の力で60年以上、ゆっくり、じっくりろ過した天然水です。

富士山麓の地下200mからくみ上げた、おいしい水です。

成分は、パナジウムを始めとして、ナトリウム、0.68㎎、カルシウム0.64g、マグネシウム0.22㎎となっています。

「金城のお水」

島根県の青い海と、緑の大地が、育む、美しい自然の天然水です。

成分は、マグネシウムを始め、ナトリウム1,3㎎、カルシウム3.2㎎、カリウム0.12㎎、硬度83、ph7.7となっています。

「阿蘇のお水」

阿蘇村を水源とするミネラル豊富な、天然水です。硬度36、ph値7.5です。

■サーバーの機能

冷水、温水機能、温水チャイルドロック、ECOモードが搭載しております。

配送エリアは、沖縄・離島を除いた全国に、ネットワークを持っています。

材質PETは、外気を入れることなく、水のヘリに合わせて、ボトルを収縮させるので、飲み終わった後は、つぶして、PET素材として、資源リサイクルが可能です。

ボトルは形成後、電解水で内部を洗浄し、充填水で、すすがれます。

クリーンルームで水を充填し、紫外線(UV)で殺菌されタキャップで栓をします。

なお、クリティアの天然水は、安全・安心の、おいしい水を基本としていますので、水質検査は徹底しており、外部検査による毎月の放射線物質検査はもとより、それ以外にも、自社で、検査を行っています。

関連記事