ウォーターサーバーの魅力や使い方、おすすめ商品などを分かりやすく解説しています。

初めてウォーターサーバーを導入する人へ(3)

225156bee7dc616827c67c01a32666fd_s

皆さんは、何を基準にして飲み水を飲んでいますか。

何百種類の国産・海外産のミネラルウォーターが販売され、今や水を買う時代に突入したと言っても過言ではないでしょう。

おいしい水を味わいたい、安全な水が飲みたい、ダイエットしたい、など様々な動機があります。

水道水をそのまま、おいしく飲んでいたのはもう昔の話です。

そうしたおいしい水を飲んでいる地域もあれば、福島の原発事故で、水道水から放射性物質が検出され、水道水の安全神話は、崩れることもありました。

そんな時に登場したのが、水の宅配サービス、ウォーターサーバーです。

何を基準にミネラルウォ―ターを買っていましたか、ウォーターサーバーは何を基準に導入しますか。

天然水を使用するウォーターサーバーですか。

こうした導入時の選定に悩んでいる人は多いはずです。

やはり導入時において、一番気になるのは価格でしょうか。

それとも機能面でしょうか。

サーバーはひと頃から比べると驚くほどの進化を見せています。

そうした面を解説していきます。

■ウォーターサーバー導入費用は

ウォーターサーバーを導入すると、水そのものにかかる料金のほかに、サーバーレンタル料、初期費用、メンテナンス費用、宅配サービス料、電気代など、掛かるメーカーもあれば、無料というメーカーもあります。

詳しく知りたい人は、導入したいメーカーのホームページを見れば、明確に解ります。

ここでは一般的なサーバー導入時の費用を述べてみたいと思います。

■ウォーターサーバー導入に掛かる各種の費用

水のボトルの料金は、12Lボトル1本で、1000円以下のRO水から12ℓのボトル3000円以上の天然水まで価格はメーカーによって違ってきます。

水の宅配料金は、大半が無料となっていますが、中には、1ヵ月2本以上などの条件付きの所もあるので注意が必要です。

サーバーのレンタル料金については、無料というのが圧倒的に多いのですが、その代わり水の代金を高めに設定しているメーカーもありますので、確認が必要です。

レンタル料がかかる場合は、平均して月々600~1500円位かかります。

電気代は、温水・冷水の両方の機能をもったサーバーで、月々約1000~1500円ほどとなります。

サーバーのメンテナンス料金は、無料が大半ですが、その場合レンタル料に、メンテナンス量気が含まれているケースが多いようです。

■ウォーターサーバーのお手入れ

水の清潔を保つためには、手入れを欠かすことは出来ません。

水口や、注ぎ口などどのくらいの頻度で手入れしたらいいか、導入時に確かめることが大切です。本体外面は、1週間に1度の割合で、台所用洗剤を布に湿らせ、丁寧に吹きましょう。

■安全性はどうなっているのか

例えば、水質検査や、放射性物質検査、また容器を二重構造にするなど、各種安全面への配慮がなされているかチェックが必要です。

それぞれのメーカーが、安全管理についてどのような考え方を持っているか知ることも大切です。

そして最近のサーバーにほぼ搭載されています、サーバー内を殺菌する機能をもつクリーニング機能を搭載しているか、確認することが大事です。

関連記事