ウォーターサーバーの魅力や使い方、おすすめ商品などを分かりやすく解説しています。

ミネラルウォーターの味を決める「軟水」と「硬水」について

89efb7bc26f1999f2286cdd7a64f34c8_s

ミネラルウォーターの成分を表す一つの目安が、含有ミネラルを数値化した高度です。

含有ミネラルが低いものを「軟水」高いものを「硬水」と呼んでいます。

この硬度は、ミネラルウォーターが、どのような特徴、どのような適性を持っているのかを知るためにも、最もわかり易い目安にもなります

つまり水1リットルの中に、含まれるカルシウムイオンとマグネシウムイオンの合計を数値化したものと思えばいいでしょう。

ミネラルウォーターを国内だけでなく、海外のも飲んでみると、その味が大きく違うと言うことが解ります。

それは水源の環境や、地層が大きく影響しているものと見られます。

ちなみにWHO(世界保健機関)の基準では、この数値が120㎎ℓ以下を軟水、それ以上の数値のものを硬水と定められています。

■硬度の計算方式

硬度の計算方式は、各国によって異なります。

日本では、「簡便計算法式」のものが広く使われているようです

それは、硬度=(カルシウム量㎎ℓ×2.5)+(マグネシウム量㎎ℓ×4.1)となります。

例えば、「A」というミネラルウォーターのラベルに、カルシウムが1リットル中、50㎎、マグネシウムが20㎎と記載されていれば、50㎎ℓ×2.5+20㎎4.1=207、つまり「硬度は207」ということになります。

日本ではこの硬度0~178以下の物を「軟水」178以上357未満のものを「中間の水」357以上のものを「硬水」と定義づけしています。

■硬水を軟水にする

硬水は、ボイラーの内側に、湯垢(スケール)を生じて、熱伝導を妨げ、水管を詰まらせ、爆発の原因を作ります。

また石鹸を溶かせば、水に、不溶の金属石鹸(カルシウムやマグネシウム石鹸)を生じて、その洗浄する働きを弱めます。

硬度が高すぎる水を飲み続けると、肝臓障害を起こします。

硬度が高すぎる地域では、硬度を低下させ、ル軟水処理が重要となります。

最近では、イオン交換樹脂や、合成ゼオライトなどのイオン交換体にナトリウムイオンなどを吸着させておき、その層に、硬水を透して水中のイオンを、無害のイオンに置き換えるイオン交換法が盛んに行われています。

■硬水軟水の違い

一般的に、天然水とは、地中に染みこんだ、雨水が、地層中で、汚れやごみをろ過し代わりにミネラルを吸い取って、湧き出したものを言います

地層にカルシウムやマグネシウムの成分が、多く含まれるほど硬水へと変化し、長く地層に浸透させるほど、硬度が高くなると言われています。

日本は国土が狭く、地層に浸透する時間が短いので、軟水が多くなります。

ヨーロッパなどの大陸では、硬水が多く、採水されています。

硬水と軟水の違いは、カルシウム、マグネシウムを含む量が大きいものを硬水、少ないものが軟水です。

味は、癖がなくまろやかな味わいが軟水、独特な苦みと重々しさが感じられるのが硬水です。

注意点としては、ミネラル分が少なく利尿作用などの効果が薄いのが軟水で、マグネシウムなどを多く摂取しますと、下痢などの胃腸障害を起こす危険を含んでいるのが硬水です。

関連記事