ウォーターサーバーの魅力や使い方、おすすめ商品などを分かりやすく解説しています。

人の体とミネラルウォーターの役割

aea389ba39f91fed70c59963a9894db7_s

人間にとって水がどれほど大切なのか、人間の生命は、母親の子宮の羊水の中で始まります。

お腹の中の胎児は、その90%以上が水でできています。

つまり私たち人間は、ほとんど水に近い存在として、この世に生を受けたと言って過言ではないでしょう

赤ちゃんの肌が、すべすべして瑞々しいのはそのためです。

そして成人になると、体重の65%まで水分が減ってきます。

体脂肪の多い女性の場合は、男性よりももっと水分が少なく、60%まで減少して行きます。それでは人間の残りの40%はなんなのでしょうか。

これはタンパク質や脂肪、ミネラルといった体の組織の基になる物質です。

人間の体内には、こうした様々な物質と、水が混ざり合って、筋肉や皮膚などを構成しているのです。

スポーツなどで汗を流すと、その分だけ水分補給をする必要があります。

そうした汗をかくと、ミネラルが体内から排出されます。

これを補うため、スポーツドリンクを飲むことが常識とされていますが、ミネラルの含有率は少なく、糖分が入っているため、逆効果になることもあります。

そこは日常的に補給できるのは、糖分が入ってないウォーターサーバーのミネラルウォーターをお勧めです。

■ミネラルウォーターで一番天然水に近いのは?

日本のミネラルウォーターは、政府のガイドラインによると4つの分類に分かれています。

ミネラルウォーター、ナチョラルミネラルウォーター、ナチョラルウォーター、ボトルウォーターです。

この中で最も天然水に近いのは、それは、ミネラルが溶け込んだ、自然の地下水に最小限の処理をした「ナチョラルウォーター」と言えましょう

■若さと健康を支えるミネラルウォーター

これまで日本では、ミネラルは食事からとると言うことが一般的でした。

それは日本で飲める水の大半は、「軟水」で、ミネラルの成分が少ないと言うことに起因しているようです。

火山列島である日本の国土は、火山灰土壌が高く、酸性の土になりやすいためで、元々土壌に、ミネラルが含まれていませんでした。

逆に「硬水」のミネラルウォーターであれば、食事だけでミネラルを摂取することができるのです。

■ミネラルの必要摂取量から2つに分類される

ミネラルは、その必要摂取量から、大きく2つに分類されます。

一つは、1日に100㎎以上の摂取が必要とされるもので、これを「マクロミネラル」と呼ばれています。

もう一つは、ごく微量の摂取量で、その役割を果たす「トレースミネラル」です。

ミネラルウォーターに含まれる、ミネラルのうち、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムの4つは、人間の健康と、若々しい肉体を維持するためには欠かせない「マクロミネラル」なのです

もしこの4つのミネラルが体内で不足すると、生理機能が十分でなくなり、疲れたり、イライラしたり、体調が不安定になります。

その意味でも、ウォーターサーバーのミネラルを、バランス良くとることが、若さと健康を維持するためには不可欠な事なのです。

関連記事