ウォーターサーバーの魅力や使い方、おすすめ商品などを分かりやすく解説しています。

ウォーターサーバーの魅力と選び方 おすすめ比較ランキングなど

water-server-1

安全神話が崩れたのは、原発だけではありません、水も同様です。2011年3月の東日本大震災、そして今回の熊本の巨大地震は、水インフラに大打撃を与えました。

「空気と水はただ」と考えていました、われわれ日本人は、改めて水の貴重さを思い知らされました。

日本の水ビジネスの在り方、が問われていると言って過言ではないでしょう。

そうした現状に見直されているのが、天燃水・ミネラルウォーターと言えましょう。

スーパーやコンビニで、各メーカーのペットボトルが、ずらりと並ぶ姿は、皆さま周知の通りです。

そのペットボトルよりも、容量の大きいウォーターサーバーが、こうした震災の非常時に、準備する飲料として、選ぶ消費者が急増しています。

 

ウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーとは、一言で言いますと、専用の容器(ボトル)をセットすることで、いつでもきれいな水が飲める給水具のことです。

その容器は9~20リットルとペットボトルより大きく、基本的には宅配するシステムで販売されているのが特徴と言えましょう。

これまでは、オフィスや、病院、医院などで使う、業務用がシェアの大半を占めていましたが、ここ数年で、家庭用ウォーターサーバー市場が見直され、急成長していると言うのが現状と言えましょう。

こうした背景にあるのが東日本大震災の経験から、買い手の中心層である、主婦層から、ペットボトルは「重くて運ぶのには不便、いつでも好きな時に美味しい水が飲める」「わざわざ買いに行かなくても家庭に届けてくれる」と、利便性からウォーターサーバーの急伸につながったと言えるでしょう。

 

多機能性もウォーターサーバーの大きな特徴

ウォーターサーバーが大きく進展している理由に、ウォーターサーバー独特の「多機能性」があります。

それは常温の水だけでなく温水、熱湯、冷や水まで、瞬時に供給できる機能を兼ね備えていると言うことです。

例えば赤ちゃんのミルクように使用、と言うことや、ウォーターサーバーの水で炊飯すると、「ご飯がおいしい」と言う声も多く、安全、安心に利用できると言うことです

最近のウォーターサーバーの進歩は著しいものがあり、自動クリーニング機能を搭載したものまで登場しています。

こうした多機能性が、家庭の主婦にとって、いながらにして何でもできる利便性が、支持層を増やしている理由のようです。

 

一般的なウォーターサーバーが使用しているRO水とは

現在ウォーターサーバーで使用している水が、全てミネラルウォーターではなく、ウォーターサーバー「RO水」と呼ばれる水を使用しているサーバーは数多くあります・

RO水とは、「逆浸透膜(RO膜)」と呼ばれる、特殊なフィルターによって、ろ過された水の事です。

したがってペットボトルのミネラルウォーター水とは幾分異なっています。

逆浸透膜で、ろ過すると、水に含まれるミネラルが除去されますので、後からミネラルを追加しているようです。

しかし天然水のウォーターサーバーと銘うっているサーバーであれば、ペットボトルの「ナチュラルミネラルウォーター」と同じレベルの商品ですので、水の質を選ぶ人向きの商品と言えましょう。

 

現在家庭用向けのウォーターサーバーの進展、目を見張るものがあります

この進展の理由は数多くありますが、ここにきてようやく、市民権が与えられたと言う業者もあり、将来が期待される業界と言えましょう。

それだけに、浄水器の販売で見られた詐欺まがいの商法で、エンドユーザーに不信感を持たれないよう、コンプライアンスが必要になりましょう。

東日本大震災の直後、乳幼児を抱えた主婦たちが、こぞってサーバーを導入し、放射能で汚染された水道水から、ウォーターサーバーの水に切り替えた、のが躍進のきっかけとなりました。

それからサーバー自体も進化し、多機能性を十分発揮できるよう、さらに改良されたハイテク機器となっています。

その良さをエンドユーザーに徹底して理解してもらわねばなりません。

これから最も需要の高い夏季に入ります。機能性以上に大切なのが安全性ということは言うまでもないでしょう。

今高齢化社会の真っただ中、お年寄りにも安心してサーバーを導入できる、システムを考えることも重要となりましょう。

 

ウォーターサーバーの選び方のポイント

ウォーターサーバーを選ぶときの、最大のポイントとしては、提供される水の種類を徹底的に確かめると言うことです。

先述のように、現在ウォーターサーバーの70%以上の業者が、RO水と呼ばれる水を使っています。

これは「逆浸透膜」でろ過した水です。

もし導入時に、スーパーやコンビニで市販されている、ペットボトルのナチョラルミネラルウォーターと同レベルの水を望むのでしたら、「天然水」を謳っているウォーターサーバーを選ぶこと肝心です。

逆に、水の質より、価格で選びたい、と言う人であれば、比較的安価な「RO水」を選ぶと言う考え方もあります。

 

器具そのものの安全性もチックポイント

ウォーターサーバーを導入する時は、サーバー機器の安全性も重要なポイントと言えましょう。

室内の空気には、目に見えない細菌や、ウイルス、カビの胞子等が浮遊していますから、タンクの水が、外気に触れない構造になっている、どうかのチェックの必要があります。また汚れやすいサーバーの「注ぎ口」や「水受けトレイ」が洗いやすい作りになっているか点検することが重要です。

そして小さなお子さんがいる家庭は、お湯などでやけどする危険性もありますので、必ずチャイルドロックの様、安全面への配慮があるかどうかチェックのすることを忘れないようにしましょう。

 

業者は複数から見積もりを

複数のサーバーから見積書を取るなどして、価格や条件を徹底的にリサーチする必要があります。

導入前には置く場所を考慮し、サーバー機器のデザイン色などの配慮が必要です。

注意したいのは、サーバーレンタルは、全て無料ではないと言うことです。

業者にとっては、月ベースで、料金を設定している企業もあります。

そうしたところは、高温循環機能などを搭載し、サーバー内部を衛生的に保っており、人の手によるメンテナンスが不要の所が多いようです。

水の交換、契約の解除、価格など、導入前に徹底してリサーチしておきましょう。